採用情報「技術」で挑み、拓く。

BUSINESS FIELD福島復興支援ユニット

福島復興支援ユニット

K・S

2017年度 入社
農学府 物質循環環境科学専攻 卒

チームメンバーや協力会社とともに
福島の復興に力を注ぐ

東日本大震災で発生した原子力発電所事故により、周辺地域における放射性物質の除染が必要となっています。除染するにはまず、地域の状況、例えば家屋の損壊状況や放射線量の調査結果を地域の皆様にご説明し、除染活動に対してご理解をいただく必要があります。
私は地理空間情報(GIS)を用いて、放射線量および家屋の調査に関わるデータベースの作成・管理と、得られた調査結果を集約し報告書を作成する業務を担当しています。報告書は地域の皆様がご覧になるものなので、作成する際には不備がないように緊張感をもって作業しています。作業は想像以上に長い道のりで、困難な壁に直面する時もあります。しかし協力会社やチームメンバーと協力しながら1歩ずつ壁を乗り越えていくことが復興に繋がると信じて、日々の業務に取り組んでいます。

仕事では、最後まで粘り強く取り組み、1歩ずつ前に進むことを大切にしています。学生の頃には想像もつかないほど様々な種類の仕事があります。私は大学院で地球環境の仕組みや環境問題を学んでいましたが、入社後はデータ管理業務が主体となっています。入社前には想像できなかった仕事です。つまり仕事は会社の業務状況や時代の変化に合わせて存在するため、大学院で学んだ専門分野にこだわらずに柔軟に学び、対応していく必要があるということを感じています。
自分にとって新しいこと、特に責任の伴う仕事をするということは楽しくもありプレッシャーでもあります。しかし幸いなことに、大学院では未解決の課題にトライ&エラーを繰り返して粘り強く取り組んだ研究の経験があります。その姿勢が、経験したことのない仕事をするうえで活きていると確信しています。

未経験なことに取り組むこと自体が挑戦であり、入社してから毎日が挑戦の連続です。特に最近は、計画を練ったうえで仕事を分割し、チームメンバーで役割分担することを意識しています。大学院時代では比較的個人プレーで研究に取り組んでいたため、この作業は私にとって大変難しいことです。自分だけではできないことを締切までに達成するために、今後も必要のあるスキルだと感じています。
また、現在携わっている業務は、福島の復興に向けた初期段階のものです。将来的には次のステップを見据えて、新しい専門性を身につけ、JANUSが経験したことのない新しい仕事に取り組むことで福島の復興に貢献したいと考えています。

9:00
出社 メールの確認
9:30
会議(携わっている業務の打合せ)
10:00
1日のスケジュールを調整 業務開始
10:30
ミーティング(チームメンバー)
12:00
昼休み 基本的には持参した弁当をオフィスで。
13:00
業務開始
15:00
ミーティング(来客)
18:00
事務処理関係を片づける
18:30 
退社

アウトドアでは温泉に行き、インドアでは読書やお香を焚いたりしています。 温泉の周りをぶらっと観光して湯に浸かるとリフレッシュできます。休日を取りやすい職場のため、連休を計画してドライブで行くことが多いです。お香は落ち着きたい時に焚きます。様々な種類がありますが、和風で甘みの強い白檀の香りが好きですね。