採用情報「技術」で挑み、拓く。

ABOUT JANUSJANUSを知る

日本エヌ・ユー・エス株式会社(JANUS)は、エネルギー、環境、社会科学の分野で培ってきた高度なコンサルティング能力を活かし、持続可能な社会、豊かで安心できる未来社会の構築に貢献します。

1.いつでもお客様の身近なパートナー

課題/問題を共有し、解決策を共に模索して実行をお手伝いします。役職員全員が常に向上心を持ち、お客様と共に難題に立ち向かっていきます。

2.グローバルな視点に立った
情報サービスの提供

世界中の価値ある技術情報、知識、知恵を効果的に活用して、お客様の「新たな知の創造」、「未来の創造」に貢献します。

3.コンサルティングの
枠を越えたビジネスへの挑戦

コンサルティングで培ったノウハウ、経験、人脈などを活かして、持続可能な社会の構築に資する様々なビジネスに国内外で挑戦していきます。

4.公平/公正な企業活動

常にコンプライアンスを意識した企業活動を推進し、高い社会的信用を維持します。

アジアをリードするコンサルティングファームを目指して

日本エヌ・ユー・エス(株)(略称JANUS)は、1971年、米国NUS Corp.と日揮(株)の資本と技術を基礎に、東京電力(株)の資本参加を得て、原子力関連コンサルティング及びエンジニアリングサービスを提供する会社として誕生しました。

設立以来、エネルギー供給、経済発展、環境保全の調和を目指す高度な技術コンサルティングサービスを提供しております。

技術コンサルティングサービスの基盤は、今までに世界中で蓄積されてきた膨大な技術、知識、知恵をしっかりと理解することです。そのうえで、明日の進歩を目指して過去の財産をどのように応用するのか、それにどのような新しい開発、改良を加えるのか、といったことをお客様と共に考え、提案し、実施のお手伝いをする、これが私たちの役割です。過去を見つめながら未来を拓いていく、やり甲斐があってワクワクするこの仕事が私たちは大好きです。

国内では高齢化や人口減少の進展に応じて、社会や経済が大きく変化しようとしています。海外に目を向ければ、多くの発展途上国が経済発展と環境保全の相克に苦しんでいます。国内外ともに、様々な要因が複雑に絡み合う課題が山積しているのが現状であり、これらの解決が安全で安心できる未来社会の構築に不可欠です。JANUSが得意とするエネルギー、環境、社会科学の分野はもちろんのこと、コンサルティングを越えた幅広い仕事にチャレンジして、これらの課題を解決し未来を拓くお手伝いを一緒にしていきませんか。

代表取締役社長

KEYWORD-1

技術コンサルティング

KEYWORD-2

日揮グループ

KEYWORD-3

エネルギーと環境

KEYWORD-4

技術者集団と
エキスパート

KEYWORD-5

JANUSのプロジェクト

KEYWORD-6

SDGs

1971年
原子力に関するコンサルティング及びエンジニアリング・サービスを行うことを事業目的に、米国NUS Corp.と日揮株式会社の資本と技術を基礎に東京電力株式会社の資本参加を得て創立。
1972年
環境問題に関するコンサルティングおよびエンジニアリング・サービス業務へ進出。
1974年
関西電力株式会社並びに中部電力株式会社の資本参加を得る。
1977年
原子力分野をエネルギー分野全般に拡大。
1990年
地球規模環境関連事業、廃棄物関連事業を拡大。
1991年
一般科学技術および産業分野のシステム開発に関するコンサルティングおよびエンジニアリング・サービスに進出。
1996年
米国NUS Corp.のエネルギー関連事業部門が米国SCIENTECH社に売却。
これに伴い当社は、SCIENTECH社と業務協力協定を締結。
1998年
仏国 ARIA Technologies S.A.と業務協力協定を締結。
米国 Virginia Power Nuclear Services社と業務協力協定を締結。
1999年
米国 NERA社と業務協力協定を締結。
2003年
株式会社価値総合研究所と業務協力協定を締結。
2004年
東邦大学理学部 東京湾生態系研究センターと業務協力協定を締結。
2006年
中国 清華大学と共同し中国CDM関連事業を開始。
2007年
仏国 SOGREAH社と業務協力協定を締結。
2012年
中国 北京真友堂コンサルタント有限公司と業務協力協定を締結。
2018年
ベトナム社会主義共和国において、株式会社環境総合テクノス(以下、KANSO)と共同で合弁会社JNK Environmental Research & Consulting Co., Ltd.(所在地:ハノイ市)を設立。